“昭和の男の下着、クレープ肌着は三越百貨店で取り扱いの京都山城“

燻銀のオーラを放つ漢の終着駅

ウチの人は、なぜ年中クレープ肌着を着るのか?
酸いも甘いも噛み分けた男が好む、さらりとした天然繊維の肌ばなれ。いつか誰かが言った
粋な漢は下着にこだわると。
初任給で買うには高すぎる、嫁に頼むのを憚りながら背筋は伸ばしたい。それが日本の生んだオリジナルインナー、クレープ肌着。

クレープ 肌着

12商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
12商品 1-12表示
  • <
  • 1
  • >
12商品 1-12表示
  • < Prev
  • Next >