11,001円以上のお買上で送料無料

TOP>商品の取扱について

商品の取扱について

京都山城の商品を、より長く清潔に、
愛着を持ってお使いいただけることを願い、
楊柳生地の風合いを楽しんでいただくために
おすすめの取扱い方法をご紹介します。
(製品縫い込み取扱絵表示は、
公的機関の指導のもと行っております)

シャツ類の取扱い

楊柳生地は水洗いが可能です。できれば洗濯ネットに入れていただき、洗濯機の手洗いコースをおすすめしています。その際、洗剤は色物洗剤をご使用いただき、水温は30度まで、塩素系漂白剤のご使用はおやめください。

楊柳生地は水洗いが可能です。できれば洗濯ネットに入れていただき、洗濯機の手洗いコースをおすすめしています。その際、洗剤は色物洗剤をご使用いただき、水温は30度まで、塩素系漂白剤のご使用はおやめください。

手絞りをしていただくのが最適ですが、洗濯機の脱水では、短時間での脱水をおすすめしています。

手絞りをしていただくのが最適ですが、洗濯機の脱水では、短時間での脱水をおすすめしています。

シャツの脇(袖下部分)を両手で持ちながら、上下に一度か二度、脱水の際についたシワを取り除いてください。この作業を怠ると、織りジワが取れにくくなり、着用する際にシワが残ります。

シャツの脇(袖下部分)を両手で持ちながら、上下に一度か二度、脱水の際についたシワを取り除いてください。この作業を怠ると、織りジワが取れにくくなり、着用する際にシワが残ります。

洗濯ポールにシャツの脇下部分から垂らしていただくか、ハンガーにかけた状態で直射日光を避けて干してください。乾燥後、アイロン等をされる場合は、当て布をして140度から160度までに設定し、縦方向にのみアイロンをかけてください。

洗濯ポールにシャツの脇下部分から垂らしていただくか、ハンガーにかけた状態で直射日光を避けて干してください。乾燥後、アイロン等をされる場合は、当て布をして140度から160度までに設定し、縦方向にのみアイロンをかけてください。

ボトムス類の取扱い

楊柳生地は水洗いが可能です。できれば裏返し、洗濯ネットに入れて手洗いコースを選択ください。その際、洗剤は色物洗剤をご使用いただき、水温は30度まで、塩素系漂白剤のご使用はおやめください。

楊柳生地は水洗いが可能です。できれば裏返し、洗濯ネットに入れて手洗いコースを選択ください。その際、洗剤は色物洗剤をご使用いただき、水温は30度まで、塩素系漂白剤のご使用はおやめください。

手絞りをしていただくのが最適ですが、洗濯機の脱水では、短時間での脱水をおすすめしています。

手絞りをしていただくのが最適ですが、洗濯機の脱水では、短時間での脱水をおすすめしています。

帯(腰部分)を両手で持ちながら、上下に一度か二度、脱水の際についたシワを取り除いてください。この作業を怠ると、織りジワが取れにくくなり、着用する際にシワが残ります。

帯(腰部分)を両手で持ちながら、上下に一度か二度、脱水の際についたシワを取り除いてください。この作業を怠ると、織りジワが取れにくくなり、着用する際にシワが残ります。

洗濯ポールに股下部分から垂らしていただくか、帯部分を洗濯バサミなどではさんで、直射日光をさけて干してください。裏返しもおすすめです。乾燥後、アイロン等をされる場合は、当て布をして140度から160度までに設定し、縦方向にのみアイロンをかけてください。

洗濯ポールに股下部分から垂らしていただくか、帯部分を洗濯バサミなどではさんで、直射日光をさけて干してください。裏返しもおすすめです。乾燥後、アイロン等をされる場合は、当て布をして140度から160度までに設定し、縦方向にのみアイロンをかけてください。

小物類の取扱い

楊柳生地は水洗いが可能です。できれば洗濯ネットに入れていただき、洗濯機の手洗いコースをおすすめしています。その際、洗剤は色物洗剤をご使用いただき、水温は30度まで、塩素系漂白剤のご使用はおやめください。

楊柳生地は水洗いが可能です。できれば洗濯ネットに入れていただき、洗濯機の手洗いコースをおすすめしています。その際、洗剤は色物洗剤をご使用いただき、水温は30度まで、塩素系漂白剤のご使用はおやめください。

手絞りをしていただくのが最適ですが、洗濯機の脱水では、短時間での脱水をおすすめしています。

手絞りをしていただくのが最適ですが、洗濯機の脱水では、短時間での脱水をおすすめしています。

脱水後、はたいたり形を整えるなどせずに、そのままの状態で両端を洗濯バサミなどで吊るして、直射日光をさけて干してください。引っ張ったり形を整えたりすると、楊柳の生地ならではの凸凹感が薄れてしまいます。万が一、凸凹感が薄れてきた場合のみ、濡れた状態から乾燥機をかけてください。

脱水後、はたいたり形を整えるなどせずに、そのままの状態で両端を洗濯バサミなどで吊るして、直射日光をさけて干してください。引っ張ったり形を整えたりすると、楊柳の生地ならではの凸凹感が薄れてしまいます。万が一、凸凹感が薄れてきた場合のみ、濡れた状態から乾燥機をかけてください。