• Home
  •  > ステテコの語源
ステテコの語源
   

 ステテコとは?

『 あぁ すててこ てんてこ てんとんとん 』

という歌がかつて一世風靡したのは明治時代。
歌詞を創作した初代三遊亭圓遊が、明治13年頃に寄席で舞っていた踊りが『 ※すててこ踊り 』と言うものでした。演舞中、着物の足下から見えていた下着が当時は珍しく
「 なんだアレは?!」
「 すててこ踊りにはアレを穿くみたいみたいだ」
「 ならばアレは"すててこ"だな」
から現在の『 ステテコ 』の語源となった説。

2つ目の説は、着物下に履いた下着の丈が長かったので、見えてしまうことが多く、裾から着物の下の生地を捨ててしまえ!で語源となった説。その2つの説のいわれも語源も定かではなく、前述の囃子言葉以外にも歌舞伎浪底親睦会などでも歌われていた

『 すててこ どこどこ 馬鹿の囃子 』

などの歌もあり、山城の持つ資料にも語源やいわれを記した歴史の言葉は残ってはおりませんでした。ただ一つ確かなのは、ステテコという言葉は日本が生んだオリジナルの言葉であるということ。老いも若きもが知る言葉の裏に潜む知恵やロマンに思いを馳せることが粋で、伝統や歴史を感じながら、語源やいわれを追求することは無粋なのかもしれません。

 『 すててこ踊りとは? 』

落語家の初代三遊亭圓遊が踊っていた踊りの事で、圓遊の顔は鼻が非常に大きく、
別名『 鼻の三遊亭圓遊 』と呼ばれて民衆に親しまれていたそうです。この事を逆手に取った落語家の初代三遊亭圓遊が、自身の大きな鼻をつまんで

『 瓢箪ばかりが浮き物か 私もこのごろ浮いてきた。
さっき浮いた さっき浮いた すててこすててこ 』


とツマ先立ちで、向こう脛を叩きながら歩いた踊りが"すててこ踊り"とされています。
自身が揶揄されたネガティブワードをポジティブに変えた圓遊の芸人魂を感じますね。