• Home
  •  > Press Release 2017
ステテコ通販山城のプレスリリース

より多くの人にステテコと京ちぢみの持つ魅力に触れて頂きたい!との願いから生まれた、
ステテコを作り続けて60余年の京都 山城。開発から試行錯誤を重ねた月日の3年間に
報いるかのように、数々の新聞や雑誌、ラジオ、TV等のメディアで御紹介頂きました。
本当にありがとうございます!綿ちぢみ、綿クレープのステテコはココまでおしゃれに進化しました!!

これらの記事は、各新聞、雑誌各社様への感謝と敬意を表して掲載させて頂きました。
(これらのプレス記事は全て新聞雑誌各社様のご好意によってご紹介頂いたものです。)

 


 

 

繊研新聞 2017年1月23日付

 

おしゃれなステテコやシャツの通販山城の繊研新聞 1月23日の掲載記事

綿クレープ縫製の山城
軽衣料の自社ブランド
京都縮織が拡大

EC軸に2年で売り上げ倍増

綿クレープの縫製が主力の山城のレディス軽衣料中心の自社ブランド「京都縮織」(きょうとちぢみおり)が商品バリエーションを拡充し成長している。
今年からメンズアイテムの企画・生産も本格的に始めた。

綿クレープは夏物のステテコやメンズ肌着などで知られる。軽さと柔らかさ、清涼感が特徴だ。同社はさらに自ら開発した特殊加工を施し、一層縮みが長持ちし、安定した伸縮性を備える。無地だけでなく、プリントやぼかし、藍染め、絞り染めなど京都の伝統的な技術を駆使した意匠で個性を出した素材を使い、大分県国東市に構える自社工場で縫製する。

主力のレディスアパレルでは、Tシャツやスパッツ、レギンス、ポロシャツなどを揃える。販路は百貨店の催事やEC。この間はステテコなどが消費者に認知され、クレープの着やすさが知られるようになった。同社の商品の売れ行きも良く、特にECでの販売は売り上げの5割を越える。大手アパレルメーカーなどとのダブルネームの企画にもつながっている。

2年前にはよりシボ感を強調した楊柳調の素材を開発した。
生機段階で顔料インクジェットプリントを施し、製品にしてから縮ませる加工で、独特のシワが特徴だ。商品価格はTシャツが12,500円、無地のレギンスが12,000円。プリントデザインのバリエーションを増やしたことで売り上げは2年で倍増したという。

今年から綿だけでなく、麻複合や麻100%の縮み素材も加えた。メンズアパレル企画・生産も本格的にスタートした。Tシャツやボクサーパンツ、トランクス、ステテコなどがある。